>

天体望遠鏡と工作機器の詳細

精密機器?天体望遠鏡の種類

天体写真儀。
天体を望遠鏡で観測し、写真にすることができます。

光電赤道儀。
星の明るさを光電管を使用して精密測定するのに使用されます。

反射望遠鏡。
反射鏡を利用した望遠鏡です。

屈折赤道儀。
筒の先端にレンズがついているタイプです。

双眼望遠鏡。
天体ほどの距離ではありませんが、左右の目で見るため視差により立体感がでます。

グレゴリークーデ式太陽望遠鏡。
鏡筒がどこを向いても接眼部が変わらない天体望遠鏡で、座ったままで観測ができます。
太陽用眼視観測減光フィルターなど、太陽測定を目的とした望遠鏡です。

その他にも技術の進歩や発展により様々な天体望遠鏡があります。
物のサイズの大きさは違いますが、天体という果てしない距離を観測するのは精密機器でなければなりません。

工作機器とは?

家庭では殆ど使うことのない工作機器ですが、我々の生活にも影響していて、なくてはならない物です。
精密機械とされている工作機器の種類には普通旋盤、卓上ボール盤、フライス盤、アーク溶接機、折り曲げ機、帯のこ盤、高速切断機、ガス溶接機、スポット溶接機、半自動溶接機、歯切り機、溝切り機、マシニングセンターなどがあります。

工作機械とは、ものづくりの為に色々な物、部品などを加工する機械です。
そのため精密な動作が要求されます。
工作を機械化することで均一な品質を得られ、加工精度にばらつきが少なく、作業者の疲労や技術力に影響されることもありません。
そして複数の工程を集約して、段取りなどの時間を大幅に短縮することが出来ます。
これらのことから工作機器は精密機器であるということが言えますね。


この記事をシェアする