>

精密機械とはいったい

家電機器の種類

家電機器とは家庭の中で使用する電子機器や機械のことです。

映像機器ではテレビ、プロジェクター、ビデオテープレコーダー、DVD、ブルーレイディスク、ビデオカメラが精密機器とされています。

音響機器はワイヤーレコーダー、テープレコーダー、ミニディスクレコーダー、アナログプレーヤー、CDプレーヤー、スピーカーです。

情報家電ではパーソナルコンピューター、ファクシミリ、携帯電話が精密機器です。

炊飯器や冷蔵庫、電子レンジやエアコンディショナーなどは白物家電といって、生活必需品の家電のことをいいます。

その中でもゲーム機や音響機器などの娯楽に使用する機器を娯楽家電といい、1995年以降に普及したパーソナルコンピューターは情報娯楽家電と呼ばれています。

家電の歴史

普段我々が何気なく使っている家電ですが、1950年以前は家庭に電化製品などは殆どなく、1950年頃にテレビや洗濯機、冷蔵庫の三種の神器と呼ばれた製品が発売されましたが、とても高価で一般的ではありませんでした。
1960年以降インターホンや食器洗い機や空気清浄機など、便利な機能を搭載した家電機器が日本の高度成長により爆発的に増え、1980年代からバブル景気により大型、高級化した複雑な機能を持つ家電が登場しました。
ここから娯楽家電のデジタル化が始まりゲーム機器などの開発が急激に進められたのです。
我々の生活水準と収入によって家電はより高度に、より複雑になることによって、精密機器が増えていっていると考えられます。


この記事をシェアする