精密機械って何?その疑問に答えます

精密機械の謎

家庭にある精密機器

皆さんは精密機械と聞いてパッと思いつくのは、普段使っている物で、携帯電話やテレビやパソコンなどを思い付くのではないでしょうか。
小さいデジタル機械なんかが想像しやすいと思います。
しかし精密機械とされる定義は曖昧でして、一般的に使われる精密機械の定義は運送時です。
古来精密機器の定義は時計やカメラ、オルゴールなどが精密機械とされていましたが、電子技術の発展とともにハイテク分野の製品も精密機器として扱われるようになりました。
また人間の比喩として、完璧な狂いのない作業や動きをする人に対して精密機械と言ったりします。
コントロールの抜群な野球の投手や高度な工芸技術を持つ職人など当てはまります。

なぜ精密機器の定義が曖昧かと言いますと、狂いが生じてはいけない計測機器や小さな衝撃で動かなくなる可能性のあるコンピューターなど、中身の詰まっている量はパソコン等のコンピューターですが、ちょっとの狂いで使い物にならなくなってしまうのは、計測機器なのです。どちらも精密に物事を遂行しますので見た目では分かりづらく、運送での扱いに注意する荷物として定義された方が明確ですね。
精巧に出来ているからと言って精密機器とは限らず、やはり製作誤差の範囲が極めて小さく、精度の高い機械が精密機械とされているようです。

様々な分野で活躍している精密機器ですが、特に運送時の扱い等に注意する機械が精密機器として、一般には定義されています。